新着情報

●2017年5月24日 ジェンダー4署名167,427人分提出!

 婦団連は、5月24日ジェンダー4署名総数167,427を第193回定例国会へ提出しました。
日本共産党の畑野君枝衆議院議員、斉藤和子衆議院議員、池内さおり衆議院議員に署名を渡しました。
社民党・福島瑞穂参議院議員、沖縄の風・糸数慶子参議院議員、民進党・神本美恵子参議院議員、郡和子衆議院議員が4署名の紹介議員を快諾しています。
「女性差別撤廃条約の選択議定書の批准を求める請願」、「民法・戸籍法の差別的規定の廃止・法改正を求める請願」の紹介議員を公明党・高木美智代衆議院議員(5/18)、民進党・山尾志桜里衆議院議員(6/7)が承諾しました。  詳しくは➡活動報告のページへ

●2017年5月3日 ブースで、ジェンダー4署名に取り組みました。

 5 月 3 日の憲法記念日、が東京臨海広域防災公園(有明)で 開催された「いいね!日本国憲法-平和といのちと人権を!5・3 憲法集会」に、女性の憲法年連絡会事務局団体として婦団連 も参加。 ブースで、ジェンダー4 署名に取り組みました。 集会後、憲 法守れ!共謀罪法案廃案!と豊洲までパレードしました。 詳しくは➡活動報告のページへ